egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

より高い集中力=より高い学習力

勉強するとき、我々は集中しなくてはならない。すべての注意はひとつのことに向けられなければならない。集中力という能力は、生まれもってのものではない。我々はまず、集中することを学ばなければならないのだ。それはたいてい幼稚園か学校で起こる。6歳で子どもは約15分間集中することができる。14歳の少年少女になると、その倍の時間集中できるようになる。大人の集中力は、約45分続く。ある決まった時間が過ぎると、集中は途切れる。学習者たちはすると、学習材料への興味を失う。また、彼らが疲れるもしくはストレスがたまるということもある。それによって、学習は難しくなる。記憶は学習材料をよく覚えておくことができなくなる。しかし、集中力を高めることはできる!非常に重要なのは、勉強する前にじゅうぶん睡眠をとっていることだ。疲れている人は、短時間しか集中できない。疲れていると、脳がミスをする。また、感情にも集中力が影響する。効率的に学びたい人は、ニュートラルな感情状態でなければいけない。ポジティブまたはネガティブな感情が大きすぎると、学習成果を妨げる。もちろん、感情を常にコントロールすることはできない。しかし、学習の際にそれを無視することはできる。集中していたい人は、モチベーションがなくてはならない。学習するとき、いつも目標を目の前に持たなければならない。そうすれば、脳は集中する準備ができる。高い集中力のためには、静かな環境も大切だ。そして、学習の際には水をたくさん飲むべきだ。それによって覚醒を保てる・・・。これらすべてを注意する人は、長時間集中していられる!

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.