egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

言語と数学

思考と言語は対になっている。それらは互いに影響し合う。言語的構成は、我々の思考の構成を刻み込む。たとえば、いくつかの言語には数を表す言葉がない。話者は数のコンセプトを理解しない。数学と言語もまたなんとなく対になっている。文法的そして数学的構成は似通っている事が多い。一部の研究者たちは、それらが似たように処理されると信じている。彼らは、言語中枢は数学の処理も担うと考えている。その際、計算をすることが脳のサポートをしているのだろう。しかし新たな研究は他の結論を出した。それらは、脳が言語なしで数学を処理していると示した。研究者たちは3人の男性を調査した。この被験者たちの脳は傷ついていた。そのため、言語中枢も破壊されていた。男性たちは話すときに大きな問題を抱えていた。彼らは簡単な文章ですらつくれなかった。単語も彼らは理解できなかった。言語テストのあと、男性たちは計算問題を解かされた。この数学的パズルのいくつかは非常に複雑だった。それにもかかわらず、被験者たちはこれを解いたのだ!この研究結果は非常に興味深い。それは数学が言葉でコード化されていないことを示している。もしかしたら、言語と数学は同じベースをもつのかもしれない。両方とも同じ中枢で処理されている。しかし数学は言語にまず訳されない。おそらく言語と数学は、ともに発達するのだろう・・・。脳が動かなくなれば、それらは今度は分離する!

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.