egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

脳はどのように文法を学ぶのか?

我々は赤ちゃんのときに母国語を学び始める。それは自動的に起こる。我々はそれに気づかない。しかし脳は学習の際に多くのことをこなさなければならない。たとえば文法を学べば、脳は多くの仕事をする。脳は毎日新たな物事を聞く。継続的に新しい刺激を受ける。しかし脳はどの刺激もひとつひとつ処理できるわけではない。それは経済的に行動しなくてはならない。そのため、定期的なことに合わせるようになる。脳は何をひんぱんに聞くかに気づく。ある特定のことがどのくらいひんぱんに起こるかを登録する。そこから脳は文法的規則をつくる。子どもは、文が正しいか間違っているかを知っている。しかし彼らはなぜそうなのかはわからない。彼らの脳は、学ぶことなく規則を知っている。大人は言語をそれとは違って学ぶ。彼らは母国語の構成をすでに知っている。これが新たな文法的規則の基礎をつくる。しかし大人は学習するために授業が必要だ。脳が文法を学ぶとき、固定化されたシステムがある。たとえばそれは名刺と動詞で明白になる。それらは脳の異なる領域に保存される。その処理の際、異なる領域が活発になる。シンプルな規則も、複雑な規則とは違うように学ばれる。複雑な規則では、複数の脳の領域が一緒に働く。脳がどの程度正確に文法を学ぶかは、まだ究明されていない。しかし、脳が理論的にはどの文法も学べることはわかっている・・・。

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.