egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

ジェスチャーから言語へ

我々が話すまたは聞くとき、脳はすることがたくさんある。脳は言語シグナルを処理しなくてはならない。ジェスチャーとシンボルも言語的シグナルだ。それらは人間の言語の前から存在していた。いくつかの印は、すべての文化で理解される。その他は学ばなければならない。それらはそれ自体が理解しやすいものではない。ジェスチャーとシンボルは言語のように処理される。そしてそれらは同じ脳の領域で処理されるのである!ある新しい研究がそれを証明した。研究者たちは複数の被験者をテストした。これらの被験者たちは異なるビデオクリップを見せられた。彼らがクリップを見ている間、脳の活動が測定された。クリップの一部では、異なる物事が表現された。それは動き、シンボル、言語によって表現された。他の被験グループは他のビデオクリップを見せられた。これらのビデオはナンセンスなクリップだった。言語、ジェスチャー、シンボルは存在しない。それらは意味も持たない。測定によって研究者は、何がどこで処理されているかをみた。彼らは被験者の脳の活動を相互比較することができた。意味のあるものはすべて、同じ領域で分析されていた。この実験結果は非常に興味深い。それは、脳が言語をどのように新たに学んだかを示している。人はまずジェスチャーによってコミュニケーションをとる。あとから彼は言語を発達させる。つまり脳は言語をジェスチャーのように処理することを学ばなければならなかった。そして明らかに古いバージョンを単に更新していた・・・。

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.