egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

学問の言語

学問の言語は、自身のための言語である。それは専門的な議論に使われる。学術的発表でも使用される。昔は、統一された学術言語が存在した。ヨーロッパでは長い間ラテン語が学問を占有していた。それに対して、今日では英語が学術言語となっている。学術言語は専門言語だ。それらは非常にたくさんの特殊な概念を含む。最重要な指標は、規格化と形式化である。学者たちが意識的にわかりづらく話しているという人たちもいる。何かが複雑であれば、それは聡明であるように作用する。しかし、真実に合わせるのが学問だ。そのため、学問はニュートラルな言語を使うべきである。修辞上の要素またはあいまいな言い回しは存在しない。しかし、大げさなまでに複雑な言語の例は多く存在する。そして複雑な言語は人を惹きつけるようである!研究論文は、我々が難しい言語をより信頼するとしている。被験者はいくつかの質問に答えた。その際、彼らは複数の答えから選択した。いくつかの答えはシンプルで、その他は複雑に表現されていた。ほとんどの被験者は、複雑な答えを選んだ。しかしこれらはまったくもって意味がない!被験者たちは言語にまどわされた。内容がくだらないにもかかわらず、彼らは形式に強い印象を受けたのである。複雑に書くことはしかし、常に芸術ではない。簡単な内容を複雑な言語にまとめることは、学習できる。それに対して、難しい事柄を簡単に表現することはそう簡単ではない。ときにはシンプルなことは本当に複雑だ・・・。

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.