egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

ひとつの言語、たくさんの変種

我々がたったひとつの言語しか話さないとしても、我々は多くの言語を話す。なぜなら、閉鎖的システムの言語はないからだ。どの言語にも、たくさんの様々な次元が存在する。言語は生きた構成である。話者はいつも、会話の相手に合わせる。そのため、人々は話す言語を変化させる。この変種は様々な形を示す。たとえば、どの言語にも歴史がある。言語は変化してきた。そしてさらに変わっていく。それは、年配の人が若者とは違う話し方をすることからもわかる。ほとんどの言語にはまた方言もある。方言話者はしかし、周りの環境に合わせられる。決まった状況では彼らはスタンダードな言語を話す。異なる社会的グループは、異なる言語をもつ。若者言葉または狩猟者言葉がその例だ。仕事ではほとんどの人は自宅と違う話し方をする。多くの人は、仕事で専門言語を使う。違いはまた、口頭と書式でもあらわれる。話し言葉はたいてい書き言葉よりも簡単だ。この違いは非常に大きい。それは書き言葉が長いこと変化しない場合である。話者はすると、言語を書くのに使うことをまず習わなければならない。女性と男性の言語もよく区別される。西洋社会ではこの違いは大きくない。しかし女性が男性とまったく違った話し方をする国もある。いくつかの文化では、礼儀が独自の言語形式をもつ。つまり、話すことはまったく簡単ではない!我々はその際、多くの異なる事柄に同時に注意しなければならない・・・。

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.