egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

コードスイッチング

二カ国語で育つ人はどんどん増えている。彼らはひとつ以上の言語を話せる。彼らの多くはひんぱんに言語を変える。彼らは状況に応じてどの言語を選択するか決定している。たとえば、仕事では彼らは自宅とは違う言語を話す。そうして彼らは環境に適合するのである。しかし言語を自発的に変更する可能性もある。この現象を”コードスイッチング”という。コードスイッチングでは、言語が話している間にスイッチされる。なぜ話者が言語を変更するかには、多くの理由がある。話者はしばしば、ある言語では適当なことばを見つけられない。彼らは他の言語でよりうまく表現する事が出来る。また、話者がある言語ではあまり気分よく感じないということもある。彼らはこの言語をプライベートまたは個人的なことのために選ぶ。ときには、ある言語にはある特定の単語が存在しないことがある。この場合、話者は言語を変えなければならない。または彼らは、理解されないために言語を変更する。コードスイッチングはすると、秘密の言語のように機能する。昔は言語の混合は批判された。話者がどの言語も正しく話せないと考えられたのだ。今日では、別の考え方をする。コードスイッチングは特別な言語的能力として認められている。話者をコードスイッチングの際に観察するのは興味深い。なぜなら、話者がその際に変えるのは言語だけではないからだ。他のコミュニケーション要素も変わるのである。多くの人は、他の言語ではより早く、大声または強調して話す。もしくは、とつぜんジェスチャーが増える。コードスイッチングは、常に少しのカルチャースイッチングでもある・・・。

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.