egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

記憶は言語を必要とする

ほとんどの人は、初めての登校日を思い出す。しかしその前にあったことはもはや覚えていない。生まれた日のことはほとんどまったく記憶が無い。しかしなぜそうなのか?なぜ我々は赤ちゃんのときに経験したことを思い出さないのだろう?その理由は、我々の発達にある。言語と記憶はだいたい同じ時期に発達する。そして何かを思い出すためには、言語が必要だ。つまり、経験した何かのためには、言葉が必要なのである。学者たちは子どもを対象に異なるテストを行った。その際、彼らは興味深い発見をした。子どもはことばを学ぶとすぐに、その前にあったことをすべて忘れるのである。言語の始まりはつまり、記憶の始まりでもある。3歳まではこどもは非常に多くを学ぶ。彼らは毎日新しいことを経験する。この年齢で、彼らはまたたくさんの大切な経験をする。それにもかかわらず、すべて忘れ去られるのである。心理学者たちはこの現象を幼児期健忘症と呼ぶ。子どもが名前をあげられることだけが残るのだ。個人的経験は、自伝的記憶を保つ。それは日記のように機能する。その中には、我々の生活にとって大切なことが記録される。そのようにして、自伝的記憶は我々のアイデンティティも形成する。しかしその成長は母国語の習得に関係している。そして我々は言語によってのみ、記憶を促進できるのである。赤ちゃんのときに経験したことは、もちろん完全には失われない。それらは脳内のどこかに保存されているのである。しかしそれを思い出すことはもうできない・・・ほんとうに残念なことだと思いませんか?

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.