egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

言語の交替=人格の交替

我々の言語は我々に属している。言語は人格のひとつの大切な部分だ。しかし多くの人はいくつかの言語を話す。つまりは、彼らはいくつかの人格をもつという意味なのだろうか?研究者たちは信じている。”そのとおり!”我々は言語を話すとき、人格も変えている。それは、我々が違った行動をするということだ。この結果には、アメリカの学者たちがたどりついた。彼らは二カ国語話者の女性の行動を調査した。この女性たちは、英語とスペイン語で育った。彼女たちは両方の言語と文化を同じくらいよく知っていた。それにもかかわらず、彼女たちの行動は言語次第であった。スペイン語を話すと、彼女たちは自信が大きくなる。また、まわりがスペイン語を話すほうが気分良く感じていた。女性たちは英語を話すと、行動を変えた。彼女らは自信が少なくなり、しばしばあやふやになった。研究者たちはまた、女性たちが孤独にみえることにも気づいた。我々が話す言語は、つまり行動に影響する。なぜそうなのかは、研究者たちにもまだわかっていない。もしかしたら、我々は文化的基準に沿っているのかもしれない。話すとき、我々はその言語の文化について考える。それは自動的に起きる。そのため、我々は文化に合わせようとする。我々は、その文化で普通であるように行動する。実験では中国語の話者はとても控えめだった。英語を話すと、彼女たちはよりオープンになった。おそらく我々は、より適合するために行動を変える。我々は思考の中で話している人たちのようになりたいのである。

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.