egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

言語の変遷

我々が生きる世界は、毎日のように変化している。そのため、我々の言語も停滞はしていられない。言語は我々とともにさらに発展し、ダイナミックだ。この変遷は、言語のすべての分野にいえることである。つまり、その変化は様々な視点に関連づけることができる。音韻学的な変化は、言語の音声システムに関係する。意味的な変化は、単語の意味を変える。字句的な変化は、語彙の変化を意味する。文法的変化は、文法の構造を変化させる。言語的変化の理由は多彩だ。よく挙げられるのは経済的理由である。話し手や書き手は時間と労力を節約しようとする。そのため、彼らは言語を簡素化するのである。革命もまた、言語の変化を起こさせることがある。たとえば、新しい物事が編み出された場合などだ。これらの物事は名前を必要とし、そうして新しい単語が生まれる。ほとんどの言語変遷は計画されたものではない。それは自然なプロセスを経て、しばしば自動的に発生する。話し手はしかし、ことばを意識的に変化させることができる。それはある決まった作用を引き起こしたいときに行う。外国語の影響もまた、言語変遷を促進する。それは特にグローバル化の時代に明らかになっている。とりわけ英語は他の言語に影響を与えている。今日、ほとんどどの言語にも英語の単語がある。それらはアングリチスムと呼ばれる。言語の変遷は、アンティーク時代から批判または恐れられてきた。その際、言語変遷はポジティブな印だ。というのは、それは我々の言語が、我々と同じように生きていることを証明している!

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.