egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

クレオール言語

南洋でもドイツ語が話されていると、あなたは知っている?そのとおり、本当だ。パプア・ニューギニアの一部とオーストラリアでは”我々のドイツ語”を話す。それはクレオール言語である。クレオール言語は言語のコンタクト状況から発生する。ようするに、複数の異なる言語が顔を合わせる。多くのクレオール言語はそうこうしているうちにほとんど消滅してしまった。しかし世界ではまだ1500万人の人々がクレオール言語を話している。クレオール言語は常に母国語だ。ピジン言語においては違う。ピジン言語は非常に縮小された言語フォームである。それは簡単な意思の疎通に役立つ。ほとんどのクレオール言語は植民地時代に発生した。そのため、クレオール言語はひんぱんにヨーロッパの言語を基礎としている。クレオール言語のひとつの指標は、限られた語彙だ。クレオール言語は独自の音韻組織をもっている。文法は非常に簡素化されている。複雑な規則は話者によって単純に無視される。各クレオール言語は、国家的アイデンティティーの重要な構成要素だ。そのため、たくさんのクレオール言語の文学も存在する。言語学者にとってはクレオール言語は特に興味深いものだ。というのは、クレオール言語は、どのように言語が発生し再び消滅するかを示すからだ。クレオール言語では言語の発展を追うことができる。さらに、言語が変化し適合できることを証明している。クレオール言語を研究する規律はクレオール言語学だ。クレオール言語でのもっとも有名な文のひとつはジャマイカ発である。ボブ・マーリーがそれを世界に広めた-知っていますか?それはNo woman, no cry! (= No, woman, don't cry!)

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.