egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

人工言語 エスペラント

英語は現在、最重要世界言語である。英語ですべての人々は互いに理解しあうべきだ。しかしその他の言語も、同じ目的を果たそうとしている。たとえば、人工言語だ。人工言語は意識的に発明され、広められている。つまり、人工言語を構築するための計画がある。人工言語では、異なる言語の要素が混合している。それによって、人工言語は可能な限り多くの人々にとって学習可能となるはずだ。つまり、どの人工言語の目標も、国際的コミュニケーションである。最も有名な人工言語はエスペラントだ。エスペラントは1887年にワルシャワで紹介された。考案者は医者のルドヴィコ・ザメンホフ。彼は不和の主な原因は、意思の疎通の問題にあるとみていた。そのため、民族と民族をつなぐ言語を開発したいと考えた。それによって、すべての人々は同等権利を持って互いに話すべきである。彼のペンネームはドクター・エスペラント、”願う者”だった。それは、どれだけ彼が自分の夢を信じていたかを示している。全世界的な意思の疎通というアイディアはしかしもっと古い。今日までに、たくさんの異なる人工言語が開発された。それによって、寛容さや人権といった目標も結び付けられる。エスペラントは今日、120カ国以上に話者がいる。しかしエスペラントへの批判もある。例えば、語彙の70%以上はロマン言語からの派生だ。そしてエスペラントは明らかに印欧の影響が大きい。話者は会議や協会で話し合う。定期的に会合や講演もオーガナイズされている。さて、エスペラントを話す気になりましたか?Ĉu vi parolas Esperanton? – Jes, mi parolas Esperanton tre bone!

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.