egypt
AR
belarus
BE
bulgaria
BG
bangladesh
BN
bosnia
BS
spain
CA
czech_republic
CS
germany
DE
greece
EL
usa
EM
great_britain
EN
esperanto
EO
spain
ES
estonia
ET
iran
FA
finnland
FI
france
FR
israel
HE
croatia
HR
hungary
HU
indonesia
ID
italy
IT
japan
JA
georgia
KA
india
KN
south_korea
KO
lithuania
LT
latvia
LV
india
MR
netherlands
NL
norway
NN
india
PA
poland
PL
portugal
PT
brazil
PX
romania
RO
russia
RU
slovakia
SK
serbia
SR
sweden
SV
ukraine
UK
vietnam
VI
china
ZH

思考と言語

我々の思考は、言語に左右される。思考をめぐらせるとき、我々は自分自身と”話す”。それによって言語は物事に対する我々の視点に影響を与える。しかし、我々はみな言語が異なっても同様に考えられるのか?それとも違ったように話すので違ったように考えるのか?どの民族も独自の語彙を持っている。いくつかの言語には決まった単語が存在しない。緑と青を区別しない民族もある。話者は両方の色に対して同じ単語を使う。そして彼らはその色を他の民族よりも識別できないのである。色の影と混合色を、彼らは認識できない。色を描写する際にそれは問題となる。その他の言語には、わずかな数詞しかない。その言語の話者はうまく数えることができない。左と右がわからない言語も存在する。そこで人々は北と南、東と西と言うのである。彼らは高い地理学的オリエンテーション力を備えている。”右”、”左”という概念はしかし理解しない。もちろん我々の思考に影響するのは言語だけではない。環境と日常も我々の思考をつくりだす。それでは言語はどんな役割を果たしているのか?言語は思考に制限を設けるのか?または、我々がもっているのは、我々が考えることについての単語だけなのか?原因とは何か、効果とは何か?このすべての質問もまだ解明されていない。脳科学者と言語学者は、それについて研究している。このテーマはしかし、我々すべてに関係している・・・。君は君が話す何かなのだろうか!?

text before next text

© Copyright Goethe Verlag GmbH 2015. All rights reserved.